So-net無料ブログ作成

鍛え、そして一献酌み交わす [空手]

GWの余韻も過ぎ去り、初夏の足音が滲む汗と共に徐々に大きく、そして確実に近づいてる皐月の終わり。

蟒蛇揃いの尚武道場。稽古後の冷えたジョッキ一杯!を糧に、突く、そして蹴る!これはコレで稽古の醍醐味のひとつ。暑気払いと忘年会が当道場のオフィシャルな宴席です。そろそろこの手の話題もチラホラと…

やはり日ごろの鍛錬の労いを、自らに施す最上の一献!今年から宴席前の稽古にて、それまでの半期の成果を、一堂に披露する場にしようかと画策中です。

つまり演武会参加、そしてオマケ?としての宴席。
只々飲む名目で参加されても、主宰者としては興醒めなわけですね。

最低限、やることはやって美酒に酔う。ウン!これでいこう!今年から^^
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ズレズレ! [空手]

先般、尚武道場への商談を受けあいました。これでも一応、代表なのです^^
かなり前から、電話営業を受けていた会社。時間的に中々折り合いがつかず、ようやく対面での商談となった次第。

有用なお話し合いが出来れば、との前提。モチロン商談ゆえ、こちらも蛇の道は蛇。分かっていますよ、売り込みでしょ?とは申しませんが、結果的にかなりの後出しジャンケンをやられた感はありました。

武道団体に対し、HPからの新規顧客(会員)を獲得するための仕掛け作り、と銘打ったこの商談。
要は道場への問合わせページへ、付随するWEBサービスを提供(有料)させて下さい!との企画です。

問合わせ(見学・体験参加の予約)に対する、的確で素早い対応が新規獲得のキーである!と力説される若い営業クン。レストランや旅行の予約と同じ感覚で、熱く語っていました…

そもそも道場へ見学に行く、体験参加に行く。各位、求める質や高さに違いはあれども、心構えが違うのです。食事やレジャーの予約を入れる感覚とは大きな隔たりがあります。

現在の会員も、取っ掛かりはHPからの見学申し込みが圧倒的に多いのは事実です。何回かメールでのやり取りを行い、文面からやる気や興味、さらに誠実なお人柄を感じ入ることも一度や二度ではありません。

結果、引き合い(見学や体験参加)を頂いてから、予約が確定するのに1週間くらい掛かるのはごく普通。どんな道場か?どんな先生か?メールのやり取り、また電話での対応の最中、先方も感じ取るのだと思います。

なんでも早けりゃ良いってモンじゃない。その辺、分かって貰えたのかな?
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

一生使わない [空手]

昨夜の稽古も多くの会員さんが集合されました。レギュラーメンバーはほぼ揃い踏み。
上級者は、指導者目線で稽古に取り組めるようになっております。心強い!

稽古中も話させて頂きましたが、空手の技など日常生活で使う場面はほぼ有りません。イヤ、生涯使わずにいられるような日々の過ごし方が問われて参ります。

回し蹴りや肘打ちなど、まず使うことなど無いでしょう?
ではなぜ?使うあてもない技を稽古で磨くのか?

当道場ではその習得過程において、「心の使い方」や「氣の効用」を必要不可欠な稽古と捉えております。車の両輪のように、双方の存在無くして進行は成り立ちません。

目に見えない稽古の重み。心と身体の相関性。
見えないが故、ややともすると等閑にされがちな、武道本来の修練法。

毎週使うあてもない技を、生涯磨く道場でもあるのが「葛飾空手教室 尚武道場」です。
nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

井戸 [空手]

昨日は指導代行をお願いし、空手の稽古はお休み。とある講習会に出席しておりました。
指導員の方、有難うございました。

尚武道場を主宰してから早7年以上が過ぎ去り、生え抜きの会員も上級者と呼ばれる級位まで育ちました。心が身体を動かす理、“氣の原理”。空手道においてこの原理・原則を実践追求することに、ひたすら邁進してきました。

と同時に、指導者を育てることにも同等に注力してきた7年間です。厳密には、未だ指導代行を完全に行える指導員はいません。とは言え、任せる中で考え悩み、成長を促す効果は十分あるかと思います。

並行して修行している合氣道の先生方を見ていてもそうですが…
私も単に、井戸を一緒に掘ってあげることはしておりません。水が出たらその時は嬉しいかも知れませんが、やがて枯渇した時にどうするのか?

大切なのは“井戸の掘り方”を教えること。そして学んで実践できるようになる頃、次世代の会員に同じように“掘り方”を伝える。決して井戸を与えることでは無いのです。

そろそろ掘り方の「総決算」を迎える会員が、間違いなく育っている尚武道場です。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

道場ですので悪しからず [空手]

仕事がらいわゆる「ジム」や「スタジオ」、または「サロン」と呼ばれる施設で過ごす時間が増えています。運動(スポーツ)やリラクゼーション(マッサージ・施術)を行える“空間”のことです。

一方、空手や合氣道の稽古を行う“空間”は道場と呼ばれます。
ボクシングやキックなどの格闘技はジムなのに、どうして?と思われる方もいるでしょうね。しかし、武道を学ぶ空間はあくまで「道場」です。

なぜなのか?私見ですが“道”という文字がキーかと存じます。
空手でも剣道でも合氣道でも柔道でも、本来の「目的」が問われる訳です。

単に相手を打ちのめしたい、投げてやりたい、蹴り飛ばしたい、殴り倒したい。これが目的でしょうか?
「ハイ、自分はそれが目的です!」「何が悪いの?」「試合で勝って有名になりたいもの!」

もちろん悪いとは言いません。女性や子供がボクシングジムに通うご時世です。
それがやりたい方々はいわゆる「ジム」の方がお互い満足されるかと思います。

道場ではその技術を習得する中で、決して抜かない刀のように、納める鞘としての精神性により重きが置かれます。抜群の切れ味ながら決して抜かない。また抜かないでいられる心の余裕と自由さ。

生涯をかけて、まさに「道」を歩むような長いスパンが必要です。2年、3年ではどうにもならないのですね、残念ながら。。。
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。